モトヤマ丸

いざ、出陣(笑)

4月14日の陣でござる

小生としては、口の臭いは一般人レベルとして気を使っているつもりだが、

 

 

実際周りはどう思っているのか正直怖いところだ。

 

 

もし口臭のせいで他人に不快な思いをさせているのなら、とても申し訳ない。

 

 

口臭チェッカーを使うなどして、確かめていこうと思います。

 

 

口臭というのは唾液の量なども原因の一つとして挙がっている。

 

 

睡眠中は唾液の量が少ないため、朝起きたときは口臭がきついそうだ。

 

 

また、歯磨き後しばらく経ってからも、きついそうなので気を付けたいと思う。

3月1日の陣でござる

もう3月に突入してしまいましたな。

 

 

時の流れというのは恐ろしく早いもので。

 

 

充実した人生を送るには日々何かに夢中にならねばという思いが

 

 

小生の中にはあり・・・

 

 

しかし今、夢中になって何かに取り組んではいないのだ。

 

 

これはいかがなものかと思うが、こういう時間があっても

 

 

最近はいいんではないかと考えを改めるようになっているのである。

 

 

なぜなら長く生きるであろう人生の一片にしか過ぎないからだ。

 

 

長いかどうかは誰にも分からないが

 

 

自分で人生に終止符を打たない限りはよっぽどのことじゃない限り

 

 

きっと長い人生を送れるであろう。

2月7日の陣でござる

一年半ぶりくらいの更新になってしまいましたね。

 

 

なんか忙しかったかな~って感じですかね。

 

 

久しぶりにブログ書こうと思うと

 

 

何書いていいかよく分からないですよね。

 

 

何について書こうかなあ。

 

 

じゃあ突然なんですけど、やっぱり

 

 

無印とかユニクロの商品っていいですよね。

 

 

特に無印の物ってシンプルかつ物が良いので

 

 

どんなものでも重宝できるんですよね。

 

 

まさに無印良品。良品ですね。

 

 

前にセーターを無印で買ったんですけど

 

 

着心地いいし、洗濯機に適当に放り込んで洗っても

 

 

型崩れしないというか傷まないというか。

 

 

そこは手洗いしろと言いたい気持ちも分かりますが

 

 

なんせ忙しいもので・・・

 

 

とにかく無印はいいなって話でした。

7月29日の陣でござる

面白い人を発見した。

 

大学生の頃から企業して、今も活躍している人だ。

 

アズの松田元という人。

 

そこそこ名の知れた人らしいが、今の今まで知らなかった。

 

http://nabzyo5023.hatenablog.com/entry/2017/06/18/140316

 

このブログを見てはじめて知った。

 

ブログのリンク先にこんな事が書いてあった。彼の紹介だ。

 

「厭世家」であり「楽天家」であり「毒舌家」であり「勉強家」である。

また「教育家」であり「投資家」であり「夢想家」であり「戦術家」でもある。
それが「松田元」という一人の男の一部だ。

 

この多方面に個性を発揮しているというのが、なんともニクい。

 

人はこのような、多角的な人に魅力やカリスマ性を感じるんじゃないか。

 

1つの事を徹底的にこだわって成し遂げるという、古来日本の美学という

 

ものを、ぶち壊していく一人なのかもしれない。

 

こだわりは、大切だが時には執着へとかわり、自分の生き方が狭小化する。

 

多角的に生きていけば、執着へとはいきにくい。

 

なかなか刺激的な人だ。

 

●今日の哲人の言葉

お米を与えてくれれば、今日、食べる事が出来る。
育て方を教えてくれれば、毎日、食べる事が出来る。マハトマ・ガンディー

7月21日の陣でござる

ブラック企業という呼び名が、マスコミによく登場する。

 

確かに、人を奴隷のようにつかう会社は多いだろう。

 

しかし、そうしないと生き残れない世の中を作ったのは誰だ。

 

ブラックと言われる企業も、好きで黒くなったわけじゃないと思う。

 

そうするしか、生き残れなかったんだろう。

 

もちろん肯定する気はサラサラないが、だからといってその企業を

 

ただただバッシングしてりゃいいって言うのも違うと思う。

 

もう、世の中のシステムが時代遅れになってきているんじゃないか。

 

根本的なところから変わらなければ、実際にブラックはなくならないと思う。

 

そう、戦後のように。

 

●今日の哲人の言葉

人間は自由の刑に処せられている ジャン=ポール・サルトル

7月15日の陣でござる

更に暑さが増していく。とうとう熱中症でダウン。

 

軽度だったが、痙攣をおこしてしまった。

 

日陰で休んで、脇に冷たいペットボトルを挟んで対処。

 

しばらくして、復活できた。

 

毎日、誰かがこうなっている。

 

そして、今日はとうとう自分の番だった。

 

でも、体調が悪くなったときにまわりの人がすぐに異変に気付いて

 

対応してくれたお陰で、軽度で済んだ。

 

感謝しかない。

 

しかし、奴隷のような毎日。奴隷同士が助け合う構図なのか?

 

本当にこれでいいのか。

 

●今日の哲人の言葉

生きるために食べよ、食べるために生きるな。ソクラテス

7月1日の陣でござる

気がつけば、夏。もう毎日が暑すぎる。

 

建築現場はもはや熱帯雨林。汗の量がハンパない。

 

熱中症対策などをしていても、間に合わないな。

 

しかし、対策をしなければ確実に待っている死。

 

自分の命は自分で守らなければ。

 

特に塩分、水分、糖分を意識してとるようにしている。

 

それでも、体調を崩す人は後をたたない。

 

この様な環境で行う肉体労働自体に無理があるのでは?

 

●今日の哲人の言葉

人格は繰り返す行動の総計である。
それゆえに優秀さは単発的な行動にあらず、習慣である。

アリストテレス